1. プラド株式会社
  2. 営業支援サービス
  3. 営業の環境整備
  4. コンサルティング
  5. 新規開拓強化

新規開拓強化には何が必要か?


新規開拓には既存顧客への営業に対して、約5倍の労力がかかると営業論で書かせていただきました。
当社はプッシュ型の営業とプル型営業を組合せての営業展開をお薦めしています。


新規開拓営業と既存営業との違い

新規開拓営業と既存営業との違い


プル型の営業とプッシュ型の営業

プル型の営業とプッシュ型の営業


自社の商圏にどれだけのアプローチ対象があるかわかりますか?


では、自らお客様のところへ出向くようなプッシュ型の営業はいかがでしょうか?

ターゲットの業態や売上規模、従業員数などは既存顧客などを踏まえ新規顧客像をイメージします。そして自社の営業エリアを新規の場合、どこまで広げるかを想定します。
移動時間を1時間圏内など効率を考え、営業エリアを決定します。その営業エリア内にある新規客の総数がアプローチ件数になります。
その新規営業エリア内にある対象企業をリストとして作成する必要があります。


ターゲットリスト作成

ターゲットリスト作成


営業リストを活用して、新規開拓アプローチを行う


アプローチの方法はテレアポ、飛び込み営業などありますが、新規開拓という特性上、営業効率を高める必要があります。
よく当社がサポートさせていただくのは、自社紹介やデータベース構築などの営業の標準化づくり、営業会議のサポート、営業ツールの見直しなどです。


商談の場をご用意

当社の営業コンサルティングでは商談の場をご用意させていただきながら新規開拓が成功するよう支援いたします。


営業の標準化

営業の標準化


営業会議サポート

営業会議サポート


営業ツールの見直し

営業ツールの見直し


営業のアタック

営業のアタック


関連記事


在り方を具体化する

在り方を具体化する


営業の在り方策定

営業の在り方策定


ホームページを強化したい

ホームページを強化したい