1. プラド株式会社
  2. 営業支援サービス
  3. 営業の環境整備
  4. 営業ツール
  5. ホームページ強化

ホームページを単に作成するだけでなく成果を高めるには


昔はホームページがあるだけで信用性が高まるという点などありましたが、今のホームページは単なる情報発信の道具で終わらずに営業強化するためのツールとしてご活用ください

では、ホームページをより良くするには何が必要でしょうか?
スマートフォン対応やSSL対応は必須となってきました。
その答えはアクセス強化、自社更新の仕組みづくり、コンテンツ充実、営業の生産性向上と当社は捉えています。


アクセスを強化する仕組みを入れる


ホームページを営業活用するとした場合、期待するゴールは問い合わせです。
コンバージョンとも言います。
簡単に言えば、野球の打席をイメージしてもらったらよろしいかと思います。

会社名とエリアでは検索が上位になるかと思います。
しかし、会社名を知らないお客さんに問い合わせをしてもらうのであれば、貴社にとって関連するキーワードで上位検索をされなければ問い合わせに繋がらないかと思います。
当社ではAIを活用してキーワードの上位検索を高めるようご提案をいたします。


AIのSEO対策ツール

AIのSEO対策ツール


自社で更新できる仕組みを入れる


ホームページが世に出た頃は会社案内のWEB版と言われました。
静的なホームページとも言われ、修正があった場合はホームページ制作会社へ依頼しなければできませんでした。
中には更新することに費用がかさむことに躊躇し、古い情報のままホームページを放置している会社も少なくありません。

今はホームページに自社で更新できる仕組みを入れさえすれば、ホームページの専門技術や知識が無くても情報発信できるようになりました。


誰でも更新できるホームページ

誰でも更新できるホームページ


多忙なお客様の代わりにコンテンツを充実させる


中小企業ですと業務の兼任などの理由でホームページ専任者を立てることができないため情報発信を苦労しているケースもあるようです。
また、ホームページの運用など計画面が甘く、曖昧なまま担当者に丸投げをしたことで情報発信することを放置しているケースもあります。

そこで、当社にお任せいただければ定期的にコンテンツを見直し情報発信をサポートいたします。


コンテンツの充実

コンテンツの充実


営業の生産性向上


ホームページにマーケティングオートメーションやオンライン商談システムを組み込むことでホームページが単なる情報発信から営業強化のツールに変わります。
マーケティングオートメーションはメールでのコミュニケーションを通じて、お客様の関心レベルを高め商談の場を作れるよう推進ができます。
また、オンライン商談システムは今までお客様のところへ出向いて商談をしていた営業形態を大きく変えることができます。これにより行くべき商談か、オンライン商談かを選択することも可能となります。


マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション


オンライン商談システム

オンライン商談システム


関連記事


在り方を具体化する

在り方を具体化する


営業の在り方策定

営業の在り方策定