1. プラド株式会社
  2. 営業支援サービス
  3. 営業の科学化
  4. スマート設備状態監視システム

⽣産設備やインフラ施設などが壊れる前に予兆を知ることで安全・安⼼に貢献できます。

動く物の振動を測ってモニタリング

無線式スマート状態監視・診断システムとは無線センサーを⽤いて、動く物の振動を測ってモニタリングするシステムの事です。
振動センサーが収集できる膨大な情報処理を自動化し、一目で状態を把握・管理できる画期的なシステムです。監視点の状態を、正常・異常・注意・危険を4つに分類し、4色のアイコンがモニターに表示されます。
どの設備装置がどんな状態なのか、異常判定の根拠や傾向が簡単に把握できるため、保全専門家による迅速な対応が容易となります。

⽣産設備やインフラ施設が壊れた時の修理対応などの時間や労力などのリスク回避へ

計画外の設備停止の防止や機械異常の早期発見は、メンテナンス費用や管理工数削減に大きく貢献します。

お役に立てる業界

製造業全般、⾷品、医薬品、病院、ビル管理、建設業、上下⽔道、輸送、倉庫など、動く機械や装置を使っている現場で予防保全、予知保全のために役⽴ちます。これまではコスト⾼のためにできなかったようなところで広く役に⽴つものと考えています。橋やトンネルなどのインフラ施設の状態監視・診断などにも応⽤できます。

⾼額でこれまではできなかった機械の状態監視に!

モータ、ポンプ、真空ポンプ、集塵機、ブロワー、コンプレッサー、冷凍機、冷却塔、空調機、攪拌器、粉砕機、遠⼼分離機、搬送機、減速機、ロボット、プレス、成形機、エレベータ、エスカレータなど回転機械や様々な機械にご利用いただけます。
橋、トンネルなどインフラ点検にもニーズがあります。

無線式スマート設備状態監視・システムの特徴

■振動計測 複数の振動センサーを常時設置することで全自動計測を実現
■信頼性の高い異常診断精度
■状態識別法や解析技術による自動判定
■異常判定された根拠が明示される