1. プラド株式会社
  2. 選ばれる理由
  3. カンパソとは会社の魅力を伝えるキーワードです

中小企業のマーケティング活動にお勧めのキーワードがあります。

それは「カンパソ」。

カンパソとは造語として、カンパニー(Company)とパーソナリティー(Personality)を組み合わせた言葉です。

営業活動を成功に導くことには、営業相手の記憶にわかりやすく残すことです。
そのためには企業は会社の魅力をわかりやすく伝えるよう表現を工夫します。会社にとって強みは何か、こだわっていることは何かなど、整理をすることにより会社の発信する情報が定義されます。この魅力の整理をすることで中小企業のブランディング活動をする第一歩の取り組みになります。

また、中小企業によっては規模が小さくなればなるほど、営業活動をする人材も少数となります。中には経営者がプレイングマネージャーとして営業活動をする会社も少なくありません。営業現場でもIT化が進みマーケティングや営業支援システムなど様々なサービスが生まれ、営業の生産性を高めることができるよう便利になってきました。しかし、営業活動が便利になったとしても、営業の本質である「あなたから買いたい」こそが中小企業の営業活動には大切なことだと思います。

「あなたから買いたい」とお客様に感じてるために何をするか?

それは自分を売ることです。
営業という職種を行う人にとっては誰でも1度は聞いたことがある助言の1つではないでしょうか?
そのためには自分自身のことを自己開示することにより、お客様との関係性を築くことも企業の営業活動にとても大切な取り組みであることと言えます。

カンパソには様々な情報があります。その一部を紹介します。

カンパニー(Company)に必要な情報とは?

自社の強み

資源(財務・知的財産・立地)、顧客サービス、効率性、競争上の優位、インフラ、仕入れ先、品質、材料、経営管理、価格、輸送時間、コスト、容量、主要顧客との関係、スタッフ、市場における知名度・評判やイメージ、ブランド、伝統、営業力、商品力、社内風土、技術、アイデア、情報、対応力、教育など

パーソナリティー(Personality)に必要な情報とは?

ひととなり

経歴(学歴や職歴)、生年月日、血液型、趣味嗜好など

会社の魅力を棚卸を希望されるなら

自社や経営者自身の魅力を具体的にしたいとご希望がございましたら、お気軽にご相談ください。
ご面談された経営者から話を聞いて、自分自身の考えがまとまったなど喜んでいただいています。


営業的視点調査

営業的視点調査