1. プラド株式会社
  2. 選ばれる理由
  3. 事業発展をする法則

事業発展をする法則


営業のあり方(目指すべき姿の定義)+ 営業のやり方(標準化+仕組+仕掛け)+人間力


営業のあり方(目指すべき姿の定義)+ 営業のやり方(標準化+仕組+仕掛け)+人間力

営業の在り方を定義する(目指すべき姿)

会社を永続的に発展させるためにはお客様に選ばれ続けなければいけません。その為には社内外に会社の大切にしている想いを明文化させ伝えていく必要があります。要は何屋であるか、どんな存在になりたいかを描きます。
もちろん、伝えるからには端的、わかりやすい言葉で伝える必要があります。


プロデュース

プロデュース


プラド株式会社の在り方

プラド株式会社の在り方 


営業の在り方策定

営業の在り方策定


在り方の事例

在り方の事例


営業のやり方を計画する(標準化+仕組+仕掛け)


営業の在り方が定まれば、成果を上げる取組みを計画する必要があります。
それは仕組みと標準化、仕掛けで、要はやり方です。やり方次第で結果は変わる訳ですが、やり方の判断基準となるのがあり方です。目指す姿を目指し行動しPDCAを回すことが必要です。

広報、集客、販売促進、話題作り等営業的に仕掛けていくことは沢山あります。もちろん営業の在り方が明確であった上でどのようにターゲットに訴えていき動機付けを行うかがとても重要です。